劇中に登場する検視官について

検視官とは

臨場という作品の登場によって、筆者個人としても鑑識、特に検視官という存在については興味が出てきた。確かに同局系列にはまた別の、同様に警察組織とは別の科学捜査を中心に行う『科学捜査研究所』がある。こちらをテーマにしたドラマもテレビ朝日では人気作品となっているのでよくご存じの方もいると思うが、そもそもこの科捜研と鑑識課と言うのは何が違うのだろうと、そんな疑問が湧いてくる。

具体的に紹介すると、

  • 鑑識課の場合:警察組織に所属しており、身分共に警察官となっている人々
  • 科捜研の場合:警察組織に所属しているが、警察官ではない民間人で構成されている

というところだ。主な違いとして身分が一番大きいが、それ以上に違うのは取り組む仕事内容の『専門性』が大きく違うところだ。鑑識課にしても科捜研にしても、事件が起きればすぐさま現場へと急行し、その後の現場検証を共に行う。この時証拠となる情報を採取するが、その一歩先になる採取した証拠から詳細に情報を科学技術を利用して解明していくのが科捜研となっている。もちろん鑑識課もそうした捜査を行っていくが、専門性に関して言えば科捜研が群を抜いている。

また鑑識課は何処の警察組織、部署にも存在している割と役職を持っている人が多く存在している部署となっているが、科捜研に関しては全国の警察本部に所属しているという点も少しばかり鑑識と違うところと言える。要はどちらも初動捜査において現場検証をし、犯人の手がかりとなるものを発見しなければならなに重要な責任ある仕事というのは変わらない。

臨場という作品では鑑識課に所属している警察組織が舞台となっている、その点については特別な説明は必要ないだろう。ただそれ以上に気になっているのがこの鑑識課に所属している『検視官』という役職だ。あまりドラマなどでも焦点が当てられないということもあって、一般の人の認知率はそれほど高くないと思う。作品が放送されてから数年が経過している事もあるが、検視官というものを既に知っている人がいれば大したものといえる。

そんな検視官について少し考察していこう。

検死という言葉でまとめられる

検視官は死体を始めとした現場検証を行う鑑識の人間、という風に言ってしまうと物凄く嫌な仕事のように感じられるが、何も死体ばかりを扱うわけではない。当然日常の雑務なども行うが、そんなことは知りたくもない情報として興味関心の対象外だろう。耳を立てたくなるような話題を挙げるとするなら、検視官というものは日本の法律ではどのように定義されているのかからだ。

検視官とは、

  • 司法警察員が検察官に変わって、死体を検視する

というものになっている。これは刑法において検察官が本来変死体を始めとした刑法関連の事件性が高い死体を検視しなければならない決まりとなっている。この時、検察官は先に紹介した司法警察員などに業務を代行し、検視を行ってもらうように仕事を任せられる権限を持っている。そうして検視を行う警察官のことを検視官と呼んでおり、立場や名称は存在しているが実際に資格と呼ばれるものは存在しないのが検視官の特徴だろう。役職に近いと言えるが、それでも死体を検視する仕事を担えるという時点でやはり通常の警察官よりかは遥かに難易度の高いものといえる。

誰にでも勤まる仕事ではない、事実として警察組織という仕事に憧れて入庁してもその後の激務と現実に起こっている犯罪現場を見てPTSDなどといったストレス性障害を発症したという人は少なくないはずだ。この検視官という仕事も相当な覚悟を持っていなければ実際の死体と面打って直視は出来ないだろう。ドラマでは非常に綺麗な死体ばかり見えているが、あれらは全て人形であって実際の事件現場にある遺体は相当酷い惨状だと言われている。グロいのが苦手という人にとって、信じがたいような光景を目撃することもある、また世の中には人間をバラバラにして証拠隠滅を図ろうとする人もいることを考えれば、被害者がまともに人間としての形を維持しているかどうかも保障されていない。

そういう意味も含めると検視官というものがどれくらい大変な仕事かを理解してもらえるはずだ。こういった部分を見たことはない人でも知識として情報を仕入れていれば一番の違いだと、そんなふうに挙げる人もいるだろう。

検視について

そんな検視官が行う仕事のことを『検視』と呼んでいる。この検視という仕事を行う際には、実際に死体を扱うため医師の存在が不可欠となっている。ココで一つ注意しなければならないのが、検視官とはあくまで『警察』であって、『医師』ではないのだ。そのため死体を調べるといっても表面的な部分の検視となっており、体内の内蔵や血液といった部分を調べるということは業務外となっている。それより先には医師免許を持っている医師が協力しなければ出来ない仕事となっているのだが、日本の検視と呼ばれる仕事には一部説では解剖まで含まれるとも考えられている。

医師免許を持っていればそれも分かるが、解剖するにしても技術も知識もない素人がそのような事をすることは許されない、だがこの時検視という仕事が『検死』などと表現されるとまた別の意味合いになってくる。

検死とは

検死と呼ばれる仕事は日本の法律の中では明確な仕事も、役職となる仕事もない。ただ世界として見れば検視官のしている仕事は『検死』であると考えられている国も存在している。日本でもそういった意図を汲み取って『検死』と呼称されることもあるが、明確な定義となる部分は存在していない。

そんな検死という言葉だが、具体的にこんな意味合いを内包している言葉として考えられている。

  • 死体を調べ、事件性がないかどうかを見聞する検視
  • 医師が死体を調べ、犯罪があるかどうかに限らず死因を臨床的に究明していく検案
  • 医師免許を持っている人間による、実際に死体の体を調べて病理的に調査をする解剖

検視と言っても、字が違えば役職も担当する仕事も異なっていることが理解できる。ただ検視官に出来るのはあくまで死体の表面的な部分を観察することのみとなっている。そして検視官という存在について話をしていくと、必ず出てくるのが医師の存在であり、そして解剖という手段だ。

ドラマ『臨場』から考える、日本の検死事情